スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険

さて、今頃になりましたが、ドイツの保険話でも。

今回の入院費用は全て保険でカバーされます。
もちろん保険によってカバーの範囲は変わりますが、
ドイツでは、医療費は原則保険で全額カバー。

ちなみに、個人所得税や社会保障費を含めると、
ドイツではざっくり額面の半分は税金等で持っていかれます。
そして、消費税は19%。
全ての生活を考慮すると、どちらが楽かは単純には比較できませんが、
数字だけみると、ドイツの税負担はかなり厳しいです。

日本では、欧米というように、欧州と米国を一まとめに見る傾向がありますが、
欧州と米国は全く違います。
欧州の労働者保護は、かなりの保護ですからね。
共産主義に近いですよ。

と、さてさて、健康保険に戻ります。

ドイツでは、必ず健康保険に加入する義務がありますが、
公的医療保険でもプライベートでもどちらでも構いません。

但し、年収約48,000ユーロないと、強制的に公的医療保険に加入しなくてはなりません。
これ、為替で影響を受けますので、あの170円時行った頃だと、
確か160円ぐらいが換算レートだったと思います。
そうなると、年収800万ぐらいないと、公的保険強制加入コースです。
きついですね。

多くの日系企業では、出向者にはプライベート保険に加入させています。
但し、その出向者が上記年収に足りていないと、
両方に加入することになるので、会社の負担は大きくなります。

公的医療保険の平均保険料は14.6%。
これを会社と個人で折半します。

プライベートの方は、カバー範囲や年齢、性別で色々違いはあるようですが、
やはり使い勝手と安心感はあるようです。
また、医者によっては、プライベート保険しか受け付けません。

公的保険だと、薬代の一部は自己負担だったと思いますが、
プライベートは一旦立替後、全額還付です。
スポンサーサイト
プロフィール

mosilager

Author:mosilager
2004年に行った記録 Season1は、こちらからどうぞ!
↓↓↓↓CLICK↓↓↓↓

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
11406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
2402位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。